馬油

化粧品は「高級品」から、品質が良くて安い「プチプラ」の時代へ

お肌のお手入れっていうのは、化粧水や乳液をつけるだけでしたが、
いつの間にか美容液やマッサージクリームやパックの存在まで増えてきて、一体何処まで買えばいいのやら、悩み通しでした。

それもお値段は3000円をはるかに超える製品ばかり登場して、種類は多いは、
値段は高いわで、貧乏な我が家ではスキンケアは無理ってことなのか、とショックを受けていました。

しかし、お金にシビアな時代になったためか、化粧品屋を除くとここ最近のコスメは値段が高い製品だけでなく、
お手ごろな値段の安い「プチプラ」化粧品もいくつか出てきました。

尿素とヒアルロン酸の化粧水、無印良品化粧水、豆乳イソフラボン化粧水、
ちふれ化粧水などみんな1000円台で買えてしまう安い基礎化粧品ばかりです。

薬局を兼ねた化粧品屋ならばかなりの種類が置いてあって、いつもどれにしようか迷うくらいの品揃えです。

しかも、新しい研究開発によって作られた製品ですし、口コミでもその効果は目覚しいと評判です。

結局のところ高い製品でもお手ごろ価格な製品でも結局は、
お肌が潤うように水分と美容液を閉じ込められたら良いということだったのです。

そして、どの製品が自分のお肌にあっているかを検証した上で選べばいいということだったのです。

このことにようやく最近気がついた私です。

だって、以前は、コマーシャルで「これさえつければお肌は綺麗になる、シミ、そばかすは消える、
だって美容成分が働いてくれるから」などの宣伝文句がいちいち誘惑していましたから。

そのたびにやはり高価な化粧品は素材を吟味していて希少価値があるから効き目があるんだって思い込んでいました。

それは多分間違いではないのでしょうが、全ての女性に効き目があるとはいえない製品でもありました。

馬油
昔は女性が化粧品にかける金額を計算したらお給料の半分近く飛んでしまう、そんな人も一杯いたくらいでしたから、
それに比べるといまの化粧品はかなりリーズナブル、安いです。

しかも、いまや化粧品を作るのは化粧品会社だけでなくフィルム会社に食品会社、
酒造会社など新規参入が増え続けていますから、資生堂やカネボウなどの大手化粧品会社もおちおちしていられない時代です。

消費者側としては、とてもありがたい時代だと喜んでいいる今日この頃です。