エステをうける女性

40歳、はじめてのエステサロン「ジュリア・オージェ」へ。

まだ、私が40歳を過ぎたあたりのころですが、

40歳を過ぎると、お肌の曲がり角になるのは自分でも自覚していました。

確かに、シミ、そばかすが増えてくる、お化粧のノリも悪い。

しかし、どうしようもないので、鏡を熱心に見ない、そんな生活でした。

けど、ふと鏡を見てしまい、シミもそうですが、そばかすの多いこと。

一度熱心に見てしまうと駄目ですね、気になって気にって仕方ないようになりました。

この頃は、エステのチラシが一番沢山配られていた時期なのではないでしょうか?

一度気になると、何とかしたい病にかかってしまい、
それからは今まで見向きもしなかったエステのチラシを熱心に見るようになりました。

そこで目に付いたのは「ジュリア・オージェ」というエステサロン。

ここはたびたびチラシが入っていたし、お試しが安くてと気になっていたのです。

だってエステってすごく値段が高いではないですか、通常値段は一回でも1万円を軽く超えます。

それが、「ジュリア・オージェ」には、通常3万以上するシミ取りコースのお手入れを2回分3000円でやってくれる、
と書いてありました。

素人の悲しさで、2回分のシミ取りをプロにやってもらえば、少しは綺麗なお肌になるかと思い、
悩みつつもジュリア・オージェに電話連絡しました。

当然予約が必要で、勇気を振り絞っての予約でした。

チラシが入るくらいだから、自転車で行ける距離で、当日はドキドキで出かけました。

エステのお店のイメージは大きなビルに華やかなお店が存在しているものと思っていました。

しかし、商店街の中にある普通のビルにエステはありました。

それも、入り口はガラス張りになっているとはいえ、想像していたよりも地味なつくりでした。

予約していたので、すぐに対応してくれましたが、すぐにお手入れするわけではなく、
個室に呼ばれて面接のような形でいろいろ質問されました。

お試しコースとはいえ、本格的に調べるようで、どの部分のお手入れを希望か、
どんなタイプを希望するか、お肌の悩みとか、かなりこまめな質問をしてくるのです。

アンケートもあって、これらにかなりの時間を取られました。

なるほど安く出来るには、できるだけの理由があるのだな、とその時エステのお試しの意味を理解したような気がしました。

エステをうける女性