馬油

化粧品は「高級品」から、品質が良くて安い「プチプラ」の時代へ

お肌のお手入れっていうのは、化粧水や乳液をつけるだけでしたが、
いつの間にか美容液やマッサージクリームやパックの存在まで増えてきて、一体何処まで買えばいいのやら、悩み通しでした。

それもお値段は3000円をはるかに超える製品ばかり登場して、種類は多いは、
値段は高いわで、貧乏な我が家ではスキンケアは無理ってことなのか、とショックを受けていました。

しかし、お金にシビアな時代になったためか、化粧品屋を除くとここ最近のコスメは値段が高い製品だけでなく、
お手ごろな値段の安い「プチプラ」化粧品もいくつか出てきました。

尿素とヒアルロン酸の化粧水、無印良品化粧水、豆乳イソフラボン化粧水、
ちふれ化粧水などみんな1000円台で買えてしまう安い基礎化粧品ばかりです。

薬局を兼ねた化粧品屋ならばかなりの種類が置いてあって、いつもどれにしようか迷うくらいの品揃えです。

しかも、新しい研究開発によって作られた製品ですし、口コミでもその効果は目覚しいと評判です。

結局のところ高い製品でもお手ごろ価格な製品でも結局は、
お肌が潤うように水分と美容液を閉じ込められたら良いということだったのです。

そして、どの製品が自分のお肌にあっているかを検証した上で選べばいいということだったのです。

このことにようやく最近気がついた私です。

だって、以前は、コマーシャルで「これさえつければお肌は綺麗になる、シミ、そばかすは消える、
だって美容成分が働いてくれるから」などの宣伝文句がいちいち誘惑していましたから。

そのたびにやはり高価な化粧品は素材を吟味していて希少価値があるから効き目があるんだって思い込んでいました。

それは多分間違いではないのでしょうが、全ての女性に効き目があるとはいえない製品でもありました。

馬油
昔は女性が化粧品にかける金額を計算したらお給料の半分近く飛んでしまう、そんな人も一杯いたくらいでしたから、
それに比べるといまの化粧品はかなりリーズナブル、安いです。

しかも、いまや化粧品を作るのは化粧品会社だけでなくフィルム会社に食品会社、
酒造会社など新規参入が増え続けていますから、資生堂やカネボウなどの大手化粧品会社もおちおちしていられない時代です。

消費者側としては、とてもありがたい時代だと喜んでいいる今日この頃です。

エステサロン

個人で経営するエステサロンってどうなのでしょう?

最近は個人でやっているエステサロンが大流行です。

以前はエステサロンといえば、大手ばかりで街中で店を構えてまるで美容院かレストランのように思える店舗でした。

大手なだけに新聞チラシで宣伝して、10回以上のコースが必要とされて何十万もの金額がかかるのが今までのエステサロンです。

ですからエステサロンに行くのはよほど切羽詰ったお肌の悩みか、美容にはお金の糸目をつけない、そんな人に限っていました。

しかし、世の中とはやはり移り変わっていくものでして、
大金をはたかないといけないエステサロンばかりでは行く人に限界が来たのでしょう。

もっと気軽にエステサロンに行きたい、そしてお肌を綺麗にしたい、そんな願望に答えられる時代になったようです。

もうすでにマッサージやネイルサロンなどはマンションの一室などで個人で経営しているスタイルが大流行です。

その流れと同じくエステサロンも個人経営する店が出てきたのです。

エステサロン

でも実際に気軽に行けるかといえばそうではありません。

むしろチェーン店のほうが信頼しやすい、申し込みやすいという心理もありますよね。

個人ですと、信頼できるところなのかどうか、大手に比べて不安があるのは事実なのです。

ところが実は娘も無料クーポン雑誌で見つけて、個人経営のエステへ通い始めています。

お肌の調子が悪くて悩んでいましたが、大手のエステサロンへ行く勇気はなく、個人店なら格安だし、
回数も決める必要がないので行きやすかったのです。

確かにクーポン雑誌などに載っていれば、安心感はありますよね。

娘に聞いてみたら、その個人エステのシステムはまず化粧水、乳液、クレンジングクリームを購入するところから始まります。

これらが8000円ほどのお値段で、お肌のマッサージ料が2500円、それを約1時間してくれるそうです。

化粧水、乳液、クレンジングはお店に置いといて、お店に行ったときに使うボトルキープのような方法です。

マッサージの効果を聞いてみると、やはり行った後のお肌は潤っていてもちもちしていると気に入っていました。

それにマッサージをしている間にお話も出来ますから、お肌の相談も出来て、
世間のうわさでは乳液は要らない、といわれていますがこれは間違いで、化粧水をした後、
毛穴を蓋する意味でも乳液は必要だそうです。

そして出来るだけお肌に刺激を与えないように化粧水も乳液もクレンジングも
お肌に優しく塗るのが基本だといわれ実践している段階だそうです。

美肌女性

美肌には「お肉より野菜やフルーツ」は絶対の必須条件!

お肌のスキンケアは洗顔をしっかり行うこと、化粧水はたっぷりめにお肌が保湿しないように気をつけること。

野菜やフルーツを沢山取ること。

これくらいはいまどき「美肌」の基本といえます。

お肌が綺麗な女優さんは、このようなスキンケアだけで美肌を保っているとネットなどで告白しています。

けれど、これだけで全ての人が美肌になるかはなはだ疑問です。

やはりお肌の体質は千差万別で、基本的なスキンケアだけでお肌が綺麗になれる、これはとてもラッキーな人の例です。

しかし、お肌が白く綺麗な人の特徴は、食事内容が大きく関係している場合が多いのです。

やはりお肉より、野菜やフルーツが好きな人、これが美肌の必須条件です。

美肌女性

これ以外は、白い食べ物、たとえばヨーグルト、豆腐、チーズ、豆乳、牛乳などがそうです。

以前、うちの娘などは野菜や果物をそんなに食べなかった時期があり、そのせいかにきびや肌荒れがひどかったです。

でも、年齢が高くなると好みも変わってきて、野菜やフルーツ、そのほか白い食べ物を好むようになり、
そうすれば徐々にお肌に変化が現れました。

以前よりお肌は白くなりましたし、皮膚の表面に皮脂がよく浮いてましたが、それがなくなりました。

しかもにきびまで減ってきた、これには驚きました。

野菜や果物の毒素を体外へ排出するそのためだと思われます。

個人差はあるものの、お肌改善には食べ物を変えるのが一番得策だと娘のお肌を見ると納得です。

ただ、食生活によるお肌の改善はすぐに効果が現れるものではなく、お肌に良い食生活を長期間やり続けることが肝心です。

これは身体に良いものを取るだけとって、体内で吸収して、それがいつの間にかお肌にも出てくる。
そして身体に良いものは体内の毒素を体外に放出する力も含んでいるのです。

これなら自然の理論に基づいているのでほとんどの人に美肌効果を望めるのではないでしょうか。

自ら食生活を変化させる。

これが何より厳しいので、ジャンクフードやインスタントものを好んで食べる人には厳しいスキンケアと言えます。

ニベアクリーム

口コミでも高評価! 最もお得なコスメはニベアってホント!?

お肌を美しくするには、お値段の高い化粧水、乳液、美容液を使うことが必須といわれています。

けど、お値段もそう高くなく、新しい技術開発で出来上がった製品でもなく、
それでいて最近になって改めて注目されたスキンケア製品、それはニベアクリームです。

ニベアクリーム

@コスメなどの口コミサイトでも、かなりの高評価を獲得しています。

ニベアクリームいわゆる「ニベア青缶」は、もう何十年も前から発売されている保湿クリームです。

それが改めて見直されているのは有名ですが、その効能は知れば知るほどここまで使えるのか、と驚く多さです。

昔から日焼け止めなどで使われているのは知っていましたが、それ以外にでも保湿クリームとして、
ボディクリームとして、ハンドクリームとして、場合によってはリップクリームの代わりにもなる、
まさに万能なクリームでした。

このことが有名になったのはNHKの「ためしてガッテン」という情報番組で紹介され、口コミで広まったのがきっかけでした。

ニベアクリームの名前を知らない人はいないくらい有名でありながら、その効能に関してはあまり多くの人に知られておらず、
しかし「ためしてガッテン」で日本全国の人が知るようになり、口コミで広まり、そのため、
売り上げがどっと上がったとも言われています。

ニベアクリームはハンドクリーム並みのお値段なのに、配合成分は高級スキンケアクリームとかなり酷似しています。

お高いスキンケアクリームとニベアクリームのお互いの成分を見比べてみると
水、ミネラルオイル、マイクロクリスタリンワックス、ラノリンアルコール、パラフィン、オクチルドデカノール、
ジステアリン酸Al、ステアリン酸Mg、硫酸Mgクエン酸、安息香酸Na、
など本当に同じ成分が含まれているのです。

実は私も使ってみましたが、惜しいことにニベアクリームはのびが悪く、
それはお肌の上でも同じ事で思ったようなしっとり感はありませんでした。

ですから、その後使っていません。

しかしこれを我慢して使い続ければいいだけなので、もう一度トライしてみようかな、と考えています。

というのも、テレビで紹介されてその気になるのは恥ずかしいですが、ニベアクリームなら間違いなく効くだろう、
という根拠があるのです。

それは、主人は山登りが趣味で、日本アルプスに一年に一回必ず行きますが、このときニベアクリームは必ず持参するんです。

あまりの太陽のきつさに日焼けはするものの、お肌がひどく荒れたことはありません。

とりあえずお肌を保護はしてくれてますし、怪我などをしたときでも傷口に塗っておけば薬の代わりにもなる頼もしいクリームです。

だって擦り傷切り傷手あれあかぎれまで直してくれるんですよ!

みんな小さい頃から知っていたニベア。

けどその効果がここまでのものだったなんて、意外な展開ではないでしょうか?

コットン

化粧水はコットンを使うのと手でなじませるのと、どっちがいいの?

化粧水や美容液を使うとき私自身あまりコットンなどは使いません。

化粧水を手につけてお肌に塗っていく方法でやっています。

これは昔からの癖で、お肌の手入れはコットンにつけてやるものと教わりましたが、何故か納得がいかなかったのです。

だってコットンに多くの化粧水をつけているのに、お肌には化粧水が浸透していく感触が感じなくて、
これってコットン自身に水分が吸収されてるだけじゃないの?と感じていたからです。

コットン

手なら一番なじみやすいし、第一手にも化粧水、美容液の効果が期待できるので無駄がない、と思われたからです。

それにコットン代もバカになりませんから、ずっと手でやっていました。

しかし、最近になってからようやくコットンは必要ない、考えを聞くようになって来ました。

これは長年の私の考えが正しいことが実証されたようでとてもうれしかったです。

ただ、手につけてその後お肌につける方法がいいのか今疑問を持っています。

私は手につけて適当に塗って自然に浸透するのを待つだけのいい加減な方法なのですが。

本当にこの方法が最善なのか長年答えを出せない状態でした。

ネットなどでは、お肌に優しく塗りつけるのが一番良いと書いてあったので
どうやら今のままで良いという意見が多数なのですが。

自分がやっていながら、この方法に最近疑問を感じるのは、私が今まで知り合った人たちで
白く透明なお肌の女性達には共通点があったからです。

それは美容液をつけたあと、彼女達は100回くらいお肌をパチパチと手でたたく行為をしていたのです。

毎日欠かさず彼女達はこれを行って白い綺麗なお肌を維持していると聞きました。

お肌をパチパチたたくなど刺激を与える行為は本来お肌への負担になるだけだといわれています。

けれど実際の彼女達のお肌を見ると、化粧水をお肌に浸透させる、
これを第一条件にしてお肌への刺激を毎日行っているもののなんとも白く綺麗なお肌を保っています。

片方の人はまだ20代で若いからと思われますが、もう一人の人はもう40代を過ぎたご夫人です。

ミスト

それでも綺麗なお肌を保っているのはこの方法を長年やり続けているからと確信していました。

真相は・・・?

糖質制限サラダを食べます

糖質制限すればお肌の改善につながるって知っていますか?

糖質制限すればお肌の改善につながるって知っていますか?

私も最近知ったのですが、糖質もお肌に良くないといわれています。

甘い糖はからだの中でたんぱく質と結びついてこの糖が加わったたんぱく質は肌を作るコラーゲンにもなり、
中に含まれた糖質のせいでシミやそばかすの原因となり肌のはりも弾力も失われるといいます。

このことを知ったのは、娘が低血糖症になったのがきっかけでした。

低血糖症とは血糖値が普段から低い状態の病気です。

血糖値が低いのなら甘いものを食べればよいと判断されそうですが、
これが低血糖症の恐いところで甘いものを食べたらインスリンが異常に分泌し、今度は急激に血糖値が上がる恐い病気です。

低血糖症でもたらせる弊害は、気分が悪くなり、頭がボーっとして集中力がなくなり、
夜眠れなくなり、いらいらして怒りっぽくなる、吐き気がする、などかなり厄介な症状が出てきます。

この病気は最近の若者に増えている傾向なのです。

甘くて美味しい食べ物が膨大にある日本ではこの病気になる確率がとても大きく、
しかも現代になってから出来た病気なので、病院で治療できるところがまだ少ないのです。

それに治療と言っても糖分を摂取しない、ビタミンの不足分をサプリメントで取る、
糖質制限するなど食べ物に気をつける……今のところそれくらいの治療方法しかありません。

それまで糖分が身体に悪いなど考えてみたこともありませんでした。

どちらかというとエネルギーの素になるのですから、身体に良いイメージしかなかったのです。

でも、娘がこの病気になり、糖質制限に努めた結果、意外なことに以前よりお肌の調子が良くなりました。

にきびも出なくなったし、お肌も白くなってきました、
これはジャンクフードなど一切食べずに手作りの食事だけを食べていることも原因ですが。

お肉や魚は食べられます。
野菜は多めに。
お米やパンは糖分が含まれているのでほとんど食べない生活です。

糖質制限サラダを食べます

こんな食生活ですからお肌に良いのは当然かもしれませんがそれでも、徹底して糖分を絶っても大丈夫なことに驚きです。

糖分は食べ物の中に含まれているので、砂糖が入ってない食事だけでも糖分は摂取できているのだそうです。

糖質制限がお肌の改善につながるなんて、目からウロコの事実です。

時間に厳しい女性

「ジュリア・オージェ」は予約時間に厳しかった!

私がジュリア・オージェで施してもらった施術は、シミ、くすみ、美白コースになります。

バスローブに着替えてからベッドに横たわり施術開始です。

お肌を洗浄して角質を取り除くパックをして機械でビタミンをお肌の奥底に注入した後
ハンドマッサージして石膏パックというものもされました。

そしてマイクロピーリングという電子美顔器で顔のシミやくすみや古い角質を取り除いていきました。

マイクロピーリングはシミ、そばかすを除去する器械で、取りたいシミ部分に直接当てるとビビッと感じて痛くはないのですが、
お肌にはかなりの刺激をもたらすようです。

そのため、マイクロピーリングをした後は、シミ、そばかす部分がお肌の表面に浮き上がって器械を当てる前よりもシミ、
そばかすが濃く見えてしまいます。

けれど、一週間もすれば色が落ち着いて薄くなったと感じられるのです。

しかし、お肌への刺激が強いため、次の施術は2週間くらい間を空ける必要があります。

だから、シミ、くすみ、美白コースは完了するまでいささか気が長く持っておかないと駄目でした。

これがめんどくさがりやの私には結構難関で、たった5回の施術なのに、何度もエステに足を運ぶのが段々苦痛になってきて、
4回目か5回目に予約の時間に、ジュリア・オージェに遅れていったことがありました。

するとエステティシャンから、

「次のお客様の準備がありますから、予約の時間は守ってください」といわれてしまいまい、
こちらが悪いのですがなかなか厳しいのだな、と思いました。

時間に厳しい女性

そして着替える時、他のお客さんと一緒になり、挨拶して少しお話しました。

そのお客さんも私と同じで、最初はジュリア・オージェにお試しで来て、面接で進められてエステのコースをやることになってしまった、
と言っていました。

これには驚きました、エステのコースを受ける人とはほとんどがこのような経緯で受ける人が多いのでしょうか。

しかも、その人も来るのが億劫になってきてなかなか予約しなかったら、エステサロンから電話があってやってきたそうです。

もう少し、お話したかったのですが、そのときも「着替えたらお早くお願いします」といわれてしまい、
あまり長くはお話できませんでしたが、このお話でエステのお店がお試しをやる値打ちは十分あるのがわかりました。

ジュリア・オージェのエステ効果は確かにありました。
マイクピーリングの効果だと思われますが、あれをやった後お肌はぴりぴりしていました。
でも、その場で白くなるのではなく、しばらくは赤くなり徐々にしみが薄くなる効果です。
それも薄くなる程度ですので、完全に無くせるのかは疑問です。

私の場合、回数が少ないので若干薄くなった程度でした。

でも、また年数がたてばシミは復活しますけどね。
もう化粧でごまかすしかないって今は開き直っています。

ジュリア・オージェのほかにエステといえば、TBCが全国的な大手です。
エステ選びで迷われている方もいるかもしれませんので、一応、TBCの口コミブログを紹介しておきます。
TBCの予約とキャンセル

TBCの大阪の店舗

  • 梅田本店 大阪府大阪市北区梅田1-12-17
  • 京橋駅前店 大阪府大阪市都島区東野田町1-6-16
  • 難波店 大阪府大阪市中央区難波4-2-1
  • 天王寺駅前店 大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-5-36
  • 阪急高槻店 大阪府高槻市城北町2-1-18
  • 枚方店 大阪府枚方市岡本町2-22
  • 岸和田店 大阪府岸和田市宮本町2-29
  • 堺東駅前点 大阪府堺市堺区北瓦町2-4-18
  • 千里中央店 大阪府豊中市新千里東町1-5-3

ジュリア・オージェの大阪の店舗

  • 梅田店 大阪市北区太融寺町4-20 すてらめいとビル3F
  • 難波店 大阪市中央区難波1丁目4番10号h+ビル8F
  • 天王寺店 大阪市阿倍野区旭町1丁目1番10号 竹澤ビル3F
  • 京橋店 大阪市都島区東野田町2-9-12 松和京橋第1ビル8F
  • 布施店 東大阪市足代1丁目12-3 東大阪三和東洋ビル5F
  • 守口店 守口市本町1丁目6-13 守口駅前ビル3F
  • 枚方店 枚方市岡東町18番21号 枚方三和ビル5F
  • 高槻駅前店 大阪府高槻市高槻町5-23 ファイブビル2F
外国人とエステ

ジュリア・オージェじゃなくとも…エステのコース料金は高すぎる!?

どうも私はその場の気分に弱い人間なのでしょうか。

エステのコースを受けてもいいかな、せっかく勇気を出してきたんだし、それにお肌の悩みはかなり深刻だし、
と考えてしまい、気持ちはジュリア・オージェで契約するほうに傾いていて…。

しかし、エステの料金というのは、ジュリア・オージェじゃなくとも、どこも半端なく高額です。

しかも、当時はお試し以外は何回か施術を施すコースしか行っていないので当然金額は大きいです。

世間一般の知識でも高いとは聞いていましたが、当時で10回か12回コースで20万円ほどのお値段で、
この金額を出すのはとてもじゃないけど私には無理です。

もちろん施術の回数が増えるほど値段は高くなります。

でも何度も施術を行えば、その分段々とお肌が白く綺麗になっていくわけです。

対応しているエステティシャンが言うには20万円コースか15万円コースを勧めてきます。

しかし、私はそこまでの金額はどうしても踏み切れず、10万円までと粘りました。

10万円だと5回くらいにしかならないので、不満が残るかもしれませんよ、といわれましたが、そこだけは譲れませんでした。

だって自分でためたお金から出すのです。

それも私にとっては大金で、もし、この金額では対応できません、といわれれば帰るだけ、と決めていました。

ジュリア・オージェのエステティシャンも仕方なくなのでしょうが、5回にしてこちらも努力しましょう、
ということになり何とか決まりました。

でも別に安くなったわけではないので、私が得したわけではないのです。

ただ、10回くらいが通常なところ、回数の少ないコースに変更させただけです。

しかし、それでも自分の考えが通ったことにほっとしたのを覚えています。

けど、複数回のコースを契約すると、その場で一部のお金を支払う必要もありました。

なので、今回のお試しコース3000円以外に1万円をその場で支払い、
お試しでいった初めてのエステに合計13000円お財布からなくなったのです。

最初に思っていたよりかなりの散財ですが、このときは感覚が麻痺しているのか、
エステなんて贅沢なところは、こんなもの、と自分を納得させている気もしました。

これらの話し合いが終わった後、いよいよエステのお試し体験コースの施術がはじまるのです。

外国人とエステ

エステを受ける女性

「ジュリア・オージェ」の体験エステの本当の評判は…?

初めてのエステジュリア・オージェでお試しエステに行ったところ、
事前の評判から幾分想像していたとはいえ、まるで面接のようにいろいろ質問されて内心面食らってしまったのです。

でも考えてみれば、これも無理はない話しで、通常であれば3万円以上するエステを3000円で出来るなどはじめからありえない話です。

エステ側としては、サービス金額を提示して、一度来店してもらって、その後顧客になってもらう、そのような考えだったのです。

そして出来るだけ客の持っている情報を入手する、これもサービス価格で体験エステを募る内訳でした。

普段やっているお肌の手入れやお肌の悩み、どんなエステが希望か?
そして最大の店側の関心は、今回以降、顧客として来てくれるのかどうかです。

「ジュリア・オージェ」での面接はここに一番力を入れてきました。

そのため、今までエステを受けて綺麗になった人の写真などをいくつか見せてくれました。

中には顔が写っているものもあってなかなかリアルなのです。

顔にシミやそばかすの部分を中心に撮っていて、
それらをエステの施術で取り去った比較できる写真とをファイルで見せてくれました。

最初エステは、30代くらいの女性が客として来店するものと考えていましたが、
その場の説明では決してそうではなく、40代からの客層が多く、その上の年代も多いのだそうです。

中には60代のお客もいました。

ファイルの写真では、かなりお顔のシミが大きくなっていて、目立つ状態になっている人でした。

その人は、もうこの年だからシミが目立つのは仕方ない、と考えていた人でした。
ですが、ある日、お孫さんにおばあちゃんのシミを嫌がられたのだそうです。

可愛いお孫さんに嫌われたくない、と思ってエステの施術を受ける決心をしたそうです。

施術後のお顔はさすがに真っ白なお顔とまではなっていませんでしたが、幾分シミが薄く目立たなくはなっていました。

かなり涙ぐましいお話でした。

この後、「ジュリア・オージェ」のエステティシャンは私にせっかく勇気を出してここまで来たのですから
この後の体験お試しエステを終えても、何回かのコースで来ませんか?といわれました。

いよいよ来たか!と思いましたが、ここに来て、写真を見せられて、
やはり2回分くらいの施術ではどうにもならないのを実感していたのです。エステを受ける女性

これも経験かな、やってもいいかな、と気の弱い私はそこで思ってしまったのです。

エステをうける女性

40歳、はじめてのエステサロン「ジュリア・オージェ」へ。

まだ、私が40歳を過ぎたあたりのころですが、

40歳を過ぎると、お肌の曲がり角になるのは自分でも自覚していました。

確かに、シミ、そばかすが増えてくる、お化粧のノリも悪い。

しかし、どうしようもないので、鏡を熱心に見ない、そんな生活でした。

けど、ふと鏡を見てしまい、シミもそうですが、そばかすの多いこと。

一度熱心に見てしまうと駄目ですね、気になって気にって仕方ないようになりました。

この頃は、エステのチラシが一番沢山配られていた時期なのではないでしょうか?

一度気になると、何とかしたい病にかかってしまい、
それからは今まで見向きもしなかったエステのチラシを熱心に見るようになりました。

そこで目に付いたのは「ジュリア・オージェ」というエステサロン。

ここはたびたびチラシが入っていたし、お試しが安くてと気になっていたのです。

だってエステってすごく値段が高いではないですか、通常値段は一回でも1万円を軽く超えます。

それが、「ジュリア・オージェ」には、通常3万以上するシミ取りコースのお手入れを2回分3000円でやってくれる、
と書いてありました。

素人の悲しさで、2回分のシミ取りをプロにやってもらえば、少しは綺麗なお肌になるかと思い、
悩みつつもジュリア・オージェに電話連絡しました。

当然予約が必要で、勇気を振り絞っての予約でした。

チラシが入るくらいだから、自転車で行ける距離で、当日はドキドキで出かけました。

エステのお店のイメージは大きなビルに華やかなお店が存在しているものと思っていました。

しかし、商店街の中にある普通のビルにエステはありました。

それも、入り口はガラス張りになっているとはいえ、想像していたよりも地味なつくりでした。

予約していたので、すぐに対応してくれましたが、すぐにお手入れするわけではなく、
個室に呼ばれて面接のような形でいろいろ質問されました。

お試しコースとはいえ、本格的に調べるようで、どの部分のお手入れを希望か、
どんなタイプを希望するか、お肌の悩みとか、かなりこまめな質問をしてくるのです。

アンケートもあって、これらにかなりの時間を取られました。

なるほど安く出来るには、できるだけの理由があるのだな、とその時エステのお試しの意味を理解したような気がしました。

エステをうける女性